明日の先進医療、将来の標準治療のシードを探す!

TAQ検査

TAQ検査とは

タンパク質合成を促すメッセンジャーRNAを調べる検査です。現時点で世界最高レベルの解析技術で、痛みを伴わない唾液でも測定が可能です。

検査の概要

通常の血液検査と比較し、早期に発見ができ、侵襲もなく、個人の治療評価に適しているため、導入することとしました。
ガンや病気の超早期発見のための検査としてだけでなく、治療研究の効果測定や、治療経過の進行把握などにも有用な検査です。

侵襲がない唾液検査

従来の遺伝子検査では、採血が必要でしたが唾液で採取できるため、侵襲がありません。
また、患者個人が自宅で測定することも可能です。

幅広い疾患に適応!早期に疾患の病態・病状を知ることができる

通常の血液検査と比較し、早い段階で病態や病状を知ることができます。

通常、メッセンジャーRNAは、24時間後にたんぱく質となって体質に関与するので、24時間前に病態の変化を知ることが出来る検査と言えます。

また、どんなメッセンジャーRNAも基本的に測定出来るので、例えばガンと9割相関するテロメレースという酵素(たんぱく質)のメッセンジャーRNAや、免疫系に関連するもの、アンチエイジングに関係するものなど、多種類のメッセンジャーRNAを調べる事で、24時間後の様々な病態変化の推測が可能となります。(基本的に、治療の効果判定では、治療前と治療1ヶ月後に測定を行います)

個人の治療評価に適している

通常の血液検査では、統計学に基づく基準値から逸脱しているかを測定しますが、TAQ検査では、個人の時系列変化を基本に状態を測定しますので、治療の効果判定に非常に役立ちます。

検査方法

自宅にて検査が可能です。
紹介先クリニックでも測定できます。

検体について

常温で2~3日、凍結で1週間程度測定が可能です。
自宅で測定する場合は、説明書に従い採取してください。
自宅では保管せず、すぐに冷凍便(郵便局)から配送してください。

お問い合わせはこちらまで TEL 03-5542-1597 【営業時間】平日10:00~12:00、13:00~16:00

臨床研究会オンラインストア
TAQ検査
【患者・一般用】進行ガン・末期ガン・難病治療の相談掲示板
会員募集
共に挑戦する仲間を募集
ガン0チャンネル
ニュースリリース
書籍紹介
健療出版
健康365連載『小林平大央のがん治療の進化を目撃せよ!』
ガン治療革命

【ガン/がん/癌】について

日本では腫瘍を表す表記法として固形腫瘍を意味する「癌」や、白血病やリンパ腫など血液系の腫瘍を含む「がん」などの表記が一般的ですが、当会ではこれま
で知られていなかった浸潤・転移する恐いガンと浸潤・転移をしない問題の少ないガン(欧米で「偽ガン(医学用語idle)」と呼ばれ日本で「がんもどき」と呼ばれる積極的な治療を必要とせず経過観察の対象となる腫瘍)まで含めて「ガン」という表記を使用しています。そこでこのサイトでも(「がんセンター」などの固有名詞を除き)新しい表記法である「ガン」を使って表記したいと思います。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.