明日の先進医療、将来の標準治療のシードを探す!

臨床研究(CRO)

  • HOME »
  • 臨床研究(CRO)

臨床研究(CRO)について

臨床研究なら、業界最安値で懇切丁寧な弊社にご相談ください!
弊社の目標である「老化の克服と疾病の撲滅!」を達成するため、弊社は、提携団体のJSCSF倫理審査委員会(IRB)、JSCSF臨床研究審査委員会(CRB)とのタイアップにより、業界最安値クラス(※1)の審査料金と、価格破壊クラスのサポート料金(※2)と、丁寧なサポートによる臨床研究の実施をご提案いたします!

・医師主導の臨床研究(観察研究、症例研究、比較臨床試験、ランダム化比較臨床試験など)の実施をお考えの医師・歯科医師の先生方へ
・企業発案による特定臨床研究(観察研究、症例研究、比較臨床試験、ランダム化比較臨床試験など)の実施をお考えのメーカー様、研究者の方へ
・臨床研究、臨床試験をお考えの医師・歯科医師の先生方、メーカー様、研究者様を、徹底して支援いたします!
・他社の見積りが高いと思われる方、大歓迎です。
・挑戦的な内容で、臨床研究の審査を受けてもらえない方も大歓迎です!

ぜひ弊社まで、お気軽に、お問い合わせください!

(※1:2024年1月現在・厚生労働省登録データより)
(※2:2024年1月現在・インターネット見積りによる調査より)

IRB+CRO料金(医師主導症例研究、文書研究、など)料金一覧表

症例研究(食経験ありの経口素材)※要IRB承認

費用

  • 治療結果の集積による「症例報告研究」の実施費用(概算):税別150万円~
  • JSCSF倫理審査委員会(IRB)審査料金を含む

※IRBの審査料金は下記ページを参照
https://jscsf.org/irb

条件

  • 症例研究実施に当たってはJSCSF倫理審査委員会(IRB)の承認を受けていること
  • 研究実施人数分の素材を無償または有償にて提供

※被験者募集は素材提供者にて行う(または別途有償にて行う)

支援業務内容と費用内訳

  • 事前相談料金※2024年3月31日迄と会員は無料:100,000円
  • 契約書作成費用(会員は無料):50,000円
  • 臨床研究受託費用(会員90%):300,000円
  • 書類作成代行費用(会員90%)(研究計画書、同意説明文書、同意書、同意撤回書等):300,000円
  • 書類作成支援費用(会員90%)(作成文書は上記参照):100,000円
  • IRB審査費用(単施設)(会員90%):62,500円
  • IRB審査費用(多施設)(会員90%):75,000円
  • IRB変更審査費用(単施設)(会員90%):40,000円
  • IRB変更審査費用(多施設)(会員90%):50,000円
  • IRB疾病報告審査費用(単施設)(会員90%):40,000円
  • IRB疾病報告審査費用(多施設)(会員90%):50,000円
  • IRB定期報告審査費用(単施設)(会員90%):40,000円
  • IRB定期報告審査費用(多施設)(会員90%):50,000円
  • UMIN(大学病院医療情報N)登録代行(会員90%):100,000円
  • jRCT(厚労省/臨床研究提出S)登録代行(会員90%):100,000円
  • 被験者募集(人数):50,000円
  • 検査(回数)※検査内容によって単価変動:20,000円
  • 医療機関報酬(延べ人数):10,000円
  • EDC費用(仕様により価格変動):200,000円
  • 研究管理用データベース作成費用(会員90%):500,000円
  • 研究管理費(月数)(会員90%):50,000円
  • モニタリング費用(会員90%):300,000円
  • 監査費用(会員90%):300,000円
  • 統計処理費用(会員90%):300,000円
  • 論文作成支援(会員90%):300,000円
  • 査読論文掲載支援(掲載料は別途)(会員90%):300,000円

比較臨床試験(※臨床研究法・特定臨床研究)

費用

  • 比較臨床試験による治療効果測定研究の実施費用(概算):500万円~
  • JSCSF臨床研究審査委員会(CRB)の審査料金を含む
  • 被験者募集費用は別途

※CRBの審査料金は下記ページを参照の事
https://jscsf.org/irb

条件

  • 厚労省認定のJSCSF臨床研究審査委員会(CRB)にて承認されていること
  • 再生医療を伴う臨床研究である場合、上記CRB承認と共に、厚労省認定の再生医
  • 療等委員会(RMC)にて承認を受けていること
  • 治療素材のMSDS(製品安全データシート)の提出
  • 各種安全性試験の報告書の提出
  • 研究実施人数分の素材を無償または有償にて提供

※被験者募集は素材提供者にて行う(または別途有償にて行う)

支援業務内容と費用内訳

  • 事前相談料金※2024年3月31日迄と会員は無料:100,000円
  • 契約書作成費用(会員は無料):50,000円
  • 臨床研究受託費用(会員90%):400,000円
  • 書類作成代行費用(会員90%)(新規審査依頼書、実施計画、研究計画書、同意説明文書、同意書、同意撤回書、研究分担者リスト、疾病等が発生した場合の手順書、モニタリングに関する手順書、利益相反管理基準(様式A,E)、監査に関する手順書、統計解析計画書等):400,000円
  • 書類作成支援費用(会員90%)(作成文書は上記参照):200,000円
  • CRB審査費用(単施設)(会員90%):250,000円
  • CRB審査費用(多施設)(会員90%):300,000円
  • CRB変更審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB変更審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • CRB疾病報告審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB疾病報告審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • CRB定期報告審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB定期報告審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • UMIN(大学病院医療情報N)登録代行(会員90%):100,000円
  • jRCT(厚労省/臨床研究提出S)登録代行(会員90%):100,000円
  • 被験者募集(人数):50,000円
  • 検査(回数)※検査内容によって単価変動:20,000円
  • 医療機関報酬(延べ人数):10,000円
  • EDC費用(仕様により価格変動):200,000円
  • 研究管理用データベース作成費用(会員90%):500,000円
  • 研究管理費(月数):50,000円
  • モニタリング:400,000円
  • 監査:400,000円
  • 統計処理:400,000円
  • 論文作成支援(会員90%):400,000円
  • 査読論文掲載支援(掲載料は別途)(会員90%):400,000円

ランダム化比較臨床試験(ランダム化比較実験)(※臨床研究法・特定臨床研究)

費用

  • ランダム化比較試験による治療効果測定研究の実施費用(概算):900万円~
  • JSCSF臨床研究審査委員会(CRB)の審査料金を含む
  • 被験者募集費用は別途

※CRBの審査料金は下記ページを参照の事
https://jscsf.org/irb

条件

  • 厚労省認定のJSCSF臨床研究審査委員会(CRB)にて承認されていること
  • 再生医療を伴う臨床研究である場合、上記CRB承認と共に、厚労省認定の再生医
  • 療等委員会(RMC)にて承認を受けていること
  • 治療素材のMSDS(製品安全データシート)の提出
  • 各種安全性試験の報告書の提出
  • 研究実施人数分の素材を無償にて提供

※被験者募集は素材提供者にて行う(または別途有償にて行う)

支援業務内容と費用内訳

  • 事前相談料金※2024年3月31日迄と会員は無料:100,000円
  • 契約書作成費用(会員は無料):50,000円
  • 臨床研究受託費用(会員90%):500,000円
  • 書類作成代行費用(会員90%)(新規審査依頼書、実施計画、研究計画書、同意説明文書、同意書、同意撤回書、研究分担者リスト、疾病等が発生した場合の手順書、モニタリングに関する手順書、利益相反管理基準(様式A,E)、監査に関する手順書、統計解析計画書等):500,000円
  • 書類作成支援費用(会員90%)(作成文書は上記参照):200,000円
  • CRB審査費用(単施設)(会員90%):250,000円
  • CRB審査費用(多施設)(会員90%):300,000円
  • CRB変更審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB変更審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • CRB疾病報告審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB疾病報告審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • CRB定期報告審査費用(単施設)(会員90%):200,000円
  • CRB定期報告審査費用(多施設)(会員90%):250,000円
  • UMIN(大学病院医療情報N)登録代行(会員90%):100,000円
  • jRCT(厚労省/臨床研究提出S)登録代行(会員90%):100,000円
  • 割付(ランダム化)(会員90%):200,000円
  • 被験者募集(人数):50,000円
  • 検査(回数)※検査内容によって単価変動:20,000円
  • 医療機関報酬(延べ人数):10,000円
  • EDC費用(仕様により価格変動):200,000円
  • 研究管理用データベース作成費用(会員90%):500,000円
  • 研究管理費(月数)(会員90%):50,000円
  • モニタリング費用(会員90%):500,000円
  • 監査費用(会員90%):500,000円
  • 統計処理費用(会員90%):500,000円
  • 論文作成支援(会員90%):500,000円
  • 査読論文掲載支援(掲載料は別途)(会員90%):500,000円
EM医療研究会「医療の力で世界を変える!」
無料電話相談
TAQ検査
MDα治療研究はこちら
重曹水点滴療法はこちら
会員募集
共に挑戦する仲間を募集
ガン0チャンネル
ニュースリリース
書籍紹介
健療出版
健康365連載『小林平大央のがん治療の進化を目撃せよ!』
ガン治療革命
臨床研究会オンラインストア
ゼオライト水素イオン
友だち追加
【患者・一般用】進行ガン・末期ガン・難病治療の相談掲示板

【ガン/がん/癌】について

日本では腫瘍を表す表記法として固形腫瘍を意味する「癌」や、白血病やリンパ腫など血液系の腫瘍を含む「がん」などの表記が一般的ですが、当会ではこれま
で知られていなかった浸潤・転移する恐いガンと浸潤・転移をしない問題の少ないガン(欧米で「偽ガン(医学用語idle)」と呼ばれ日本で「がんもどき」と呼ばれる積極的な治療を必要とせず経過観察の対象となる腫瘍)まで含めて「ガン」という表記を使用しています。そこでこのサイトでも(「がんセンター」などの固有名詞を除き)新しい表記法である「ガン」を使って表記したいと思います。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.