こちらの説明会は終了しました。

ダイジェスト動画

2008年2月に設立し「がんと難病で苦しむ患者を救う」ために活動する「統合医学医師の会」は、2015年6月にその主旨を「世界からがんと難病を無くし、がん難民と難病難民を救済する」と発展的に拡大した目標を掲げた「一般社団法人日本先進医療臨床研究会」となりました。同会では現在、「2030年までにがん死亡者をゼロにする(2030がんゼロ運動)」プロジェクトを展開しています。

このプロジェクトの発動に伴い、がんと難病を治癒・改善に導く効果的な先端検査と免疫力を上げる治療法の一つとして「免疫調整療法」を医師・医療従事者、またがんと難病で闘病中の患者様とご家族様に周知するために、東京品川で説明会を開催する事となりましたのでお知らせ致します。

今回の講演内容は「2030がんゼロ運動」の根幹的活動の一つである「がん難病治療研究会」を主導する先端検査と先進的治療法をご紹介します。

先端検査と生薬による経口投与治療法の組み合わせで、米国NIHとルイパスツール研究所(京都)及び筑波大学発のバイオベンチャーで共同研究中の治療法であり、体内のサイトカイン・インターフェロンを調整する治療法・予防法である「免疫調整療法」について詳しくご紹介させて頂く予定です。

タイムテーブル

※敬称略

14:00 開場・受付開始
14:15~15:00 ◆「2030がんゼロ運動」の主旨と活動内容のご案内
小林平大央(日本先進医療臨床研究会・代表理事)
15:00~16:00 ◆「サイトカイン・免疫活性度検査」と「免疫調整療法」について
[笹森俊夫(株式会社バイオLT代表)]
16:00~17:00 ◆免疫調整療法、パプラール、AWG治療ほか「難病治療はなぜ成功しないのか」
[藤田亨(皿沼クリニック院長)拠点クリニック非常勤医師(予定)]

概要

日時

2019年5月19日(日)14:00~17:00

会場

TKP品川カンファレンスセンター 8階
〒108-0074 東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル8階

定員

50名(予約制)

参加費

1,000円(4月30日までの早期申込は割引価格500円)
(日本先進医療臨床研究会会員・国際がんゼロ協会会員は500円割引)

主催

一般社団法人日本先進医療臨床研究会

協力

一般社団法人国際がんゼロ協会
先端検査免疫学会

事務局

株式会社健康長寿医療維新
〒192-0043 東京都八王子市暁町1-15-9
TEL:042-625-1841 FAX:042-633-0519(事務局・小林平大央)

懇親会について

講演会終了後、別会場にて懇親会を行います。

時間

17:30~19:30

会場

近隣のお店を予定

会費

実費(3,000~5,000円程度)

注意事項

懇親会への参加は会員限定となります。懇親会参加ご希望の方は、日本先進医療臨床研究会(医師無料、一般会員1万円/年、賛助会員10万円/年)、国際がんゼロ協会(500円/月または5,000円/年)へのご入会をお願い致します。