こちらの説明会は中止となりました。

当会は本年7月24日(日曜日)に「ガンと難病の劇的寛解療法」、「再生医療による難治性疾患・老化疾患等」の治療研究の説明会、及び「水成二酸化塩素」による新型コロナ撲滅、院内感染・学級閉鎖・食中毒の防止の説明会を開催致します。本説明会はリアルとオンラインの併用(同時開催)により開催の予定です。

新型コロナを防ぐ!院内感染を防ぐ!学級閉鎖を防ぐ!「水成二酸化塩素(すいせいにさんかえんそ)」

二酸化塩素には「効果の高い本物」とそうでない物があります。当会はNASAで研究され世界中の水浄化と抗菌・抗ウイルス用に空間噴霧が出来て、効果と安全性が非常に高い本物の「水成二酸化塩素」を使用した除菌・抗ウイルス・空間噴霧の普及によって新型コロナ感染防止・院内感染防止・学級閉鎖防止・食中毒防止を推進します!

組織再生・病状改善を目指す!「幹細胞培養上清液・順化培養液」による治療研究

これまで治癒・改善の見込みがないと言われた病状・病態・疾患が奇跡の様に回復する症例が続出しています。当会では奇跡の治療法とも言われる「再生医療」の治療・症例研究を会員医師の医療機関にて開始しました!

ガンと難病の劇的寛解を目指す!「劇的寛解療法」による治療研究

余命宣告された様な後期ガン患者さんが劇的に回復し、寛解状態に至るケースが増えてきました。当会ではSBMに基づく「劇的寛解療法」を当会初代理事長・白川太郎先生が提唱する「ガン転移を防ぐ先端検査と治療法」をベースにMDαや酪酸、及びメタボジェニック、ホルミシス療法、栄養療法、温熱療法、光線療法など様々な治療法を組み合わせた対症療法+原因療法の治療研究です。また、当会相談役で初代厚生労働大臣・坂口力先生による「免疫力・自然治癒力でガンを治す」という主張を体現した治療の集積による症例研究です。

セミナーの概要

開催日

2022年7月24日13時30分~17時(13時開場)

参加費

無料(要予約)

会場

ウインクあいち・会議室・1003号室(会場:先着80名)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38-10階(1003号室)

※高熱の方、マスクなしの方は入場出来ません。
会場(ウインクあいち会議室)での、新型コロナウイルス感染対策について
※オンライン配信あり。

内容/登壇者

  • JSCSF・NACSAの活動と治療研究の説明/小林平大央(13時30~13時45分)
  • 新型コロナを防ぎ、院内感染を出さない!水成二酸化塩素の説明/(株式会社メディリソース)杉浦和彦氏(13時45分~14時10分)
  • 再生医療の治療研究の概要説明/小林平大央(14時10分~14時30分)
  • 再生医療の高品質・治療素材について/ (MRT株式会社)吉永通英氏(14時30分~15時)
  • 劇的寛解をもたらす栄養療法/(不老細胞サイエンス協会)藤田圭介氏(15時~16時)
  • 末期ガン治療と再生医療/白川太郎先生(16時~17時)

ニュースリリース

ガン劇的寛解療法の治療研究開始と全国セミナーについて