一般社団法人 日本先進医療臨床研究会にて、ガン劇的寛解療法と再生医療に関する共同研究を行う運びとなりましたので、説明会を開催いたします。ぜひ、ご参加下さい。

「ガン劇的寛解療法」は、一般社団法人日本先進医療臨床研究会初代理事長・白川太郎先生が提唱する「ガン転移を防ぐ微小流路 CTC 検査」と各種の対症療法、京都大学名誉教授・和田洋巳先生が提唱する各種ガン治療の指標と原因療法である「アルカリ化療法」、及び当会相談役で初代厚生労働大臣・坂口力先生が提唱する「免疫の力による治療戦略」を統合した治療体系です。

これら「ガン劇的寛解療法」を、全国の会員医師・提携医師を通して、ステージ 3 期以降のガン患者さんに対する治療を行い、その治療結果を集積する症例研究によって、「ガン劇的寛解療法」の実際の治療効果を測る予定です。なお説明会は NPO 法人ガンコントロール協会との共催開催です。

また、再生医療に関する共同研究も開始予定ですので、再生医療ラボや治療についてご紹介いたします。

セミナーの概要

開催日

2022年7月3日13時~17時

参加費

無料

会場

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目1ー14 赤尾興産ビル4F

オンライン配信あり。
※オンライン参加をご希望の場合は、お申込み時にご連絡ください。オンライン参加方法をお伝えします。

内容/登壇者

  • 治療症例研究の説明 / 小林平大央
  • 再生医療ラボ&クリニックの紹介 / 義冨正剛顧問
  • 再生医療の治療素材について / 吉永通英氏(株式会社MRT経営企画室リーダー)
  • ガン劇的寛解をもたらす栄養療法 / 森山晃嗣先生
  • 転移ガン対策CTC検査と著効治療 / 白川太郎先生

ニュースリリース

ガン劇的寛解療法の治療研究開始と全国セミナーについて

お申し込みフォーム


お申し込みを締め切りました。