こちらのセミナーは終了しました。

セミナー内容

  • 何故、米国で1990年代以降減っているガン死亡率が、日本では減らないのか?
  • 米国に20年遅れていると言われる、日本のガン治療の現状と、米国並みに治癒率を上げ、死亡率を下げるための取り組み方
  • 米国最先端ガン治療にあって、日本のガン治療にない、2つの大きな違いとは?
  • 現在アメリカで最も注目されている驚異の抗腫瘍成分アセトゲニン高含有の解糖系ATPブロッカージェネピックなど、最先端ガン治療法
  • ATPブロッカー・ジェネピックの海外での驚異的な臨床データ例
    • ステージ4MDR乳ガン患者210名に対して、消失178名(84.76%)
    • 米FDAのフェーズ2臨床試験で、ステージ3~4の前立腺ガン患者60名に対して、消失56名(93.3%)
  • 超早期のガン発見のリスク判定検査、今話題の「プロテオ検査」について

ドクター紹介

トラストクリニック日本橋 院長
新田 紀夫
昭和43年10月 山形県立中央病院外科兼麻酔科
昭和47年 4月 東北大学第二外科入局
昭和50年 4月 陸上自衛隊地区病院、外科部長
昭和57年 4月 南仙台病院開設
平成11年12月 医療法人南仙台病院設立
平成13年 8月 医療法人新仁和会名称変更
平成14年 7月 同法人理事長職退任
平成14年 7月 佐々木医院院長就任
平成15年11月 仙台徳洲会病院総合診察部長就任
平成18年 3月 仙台東脳神経外科内科
平成22年 5月 医療法人翠十字杜都千愛病院

講師紹介

日本先進医療臨床研究会
樋川 布利昭
1963年横浜生まれ、横浜育ち。
25年前、妻が妊娠したのを機に、胎児への影響と家族の疾病予防のために食品添加物について調べたところ、その怖さを知ることとなる。
経口毒を絶つべく無添加食材を取り入れ、同時に、当時はまだ常識ではなかった経皮毒性の恐怖も認識し、無添加の歯磨き粉やシャンプー、洗剤、化粧品を取り入れた生活に。
その後、20年前に60前の両親を一年でガンで亡くした事を契機に、会社経営の傍ら、ボランティアで全国各地を経皮毒性のセミナーのスピーカーとして活動を行なう。開催していた経皮毒性セミナーを聴講されていた某大学の先生が「経皮毒」という本を出版されたことで、現在では経皮毒の恐ろしさが認識されてきた。
そのようなセミナーやスピーカー活動をしていた経緯から、「世界からガンをなくしたい」という当研究会の理念とも一致し、ご縁を得てジェネピックセミナーのスピーカー講師をしている。

開催概要

日時

2017年9月29日(金)
14:00~15:00

【その他の日程をご希望の方はこちらのページをご参照ください。】
米国最先端のガン治療セミナー

会場

トラストクリニック日本橋
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-10 一東洋ビル6F
(東京メトロ日本橋駅から徒歩1分)

東京都中央区日本橋1-2-10

ご注意ください

類似したビル名が隣接しておりますので、お間違いないようお越しください。

対象者

ガン患者とその家族、医師、医療関係者、ほか

参加費

無料

定員

10名
※要予約(定員になり次第締め切ります)

主催

一般社団法人 日本先進医療臨床研究会